ForexPros
このクロスレートの提供はForexpros - FXポータルサイト

撫順戦犯管理所旧址(むじゅんせんはんかんりしょきゅうあと)

撫順戦犯管理所旧址


「撫順戦犯管理所」は1936年に、日本軍が中国抗日人員を収監するために建てられました。
当時の名前は「撫順監獄」です。

1945年、中国国民党が「遼寧第四監獄」と改名し、1948年に撫順が解放され再度「遼寧省第三監獄」に改名されました。
中華人民共和国が成立されて、毛沢東と周恩来の指示により、1950年6月に当時中国の財政がかなり厳しい状況にある中で、366万元をかけて管理所の古い建物を修繕し、管理所の中にクラブや体育館や露天舞台等を増設し、「撫順戦犯管理所」に改名しました。
1950年から70年代までの期間は、投獄、教育した日本の戦犯が982人、満州国戦犯71人おり、その中に清朝のラストエンペラーである愛新覚羅溥儀も含まれています。
現在、館内には当時の800枚以上の写真や500以上の現物、特に愛新覚羅溥儀に関する物が80個ほど展示されています。
1986年に、海外と中国国内の各界関係者の要求に応じ、正式にオープンされ、1999年と2010年に二回修繕されました。
2006年には、国務院の重要保護文化財に指定されました。
現在の名称は「撫順戦犯管理所旧址」です。

>>中国瀋陽観光/旅行ガイド


撫順戦犯管理所旧址
撫順戦犯管理所旧址
撫順戦犯管理所旧址
撫順戦犯管理所旧址


★瀋陽観光地図
瀋陽観光地図№5を発行しました。

当社中国事務所及び瀋陽市内の各主要ホテルや各主要施設等にて無料配布しております。
瀋陽観光地図発行! 瀋陽観光地図発行!


あなたのブログやホームページで【中国遼寧省/瀋陽ガイド】や七星桜を紹介して特典をGET!!